株式会社DOTは、あなたをITの高みへ導きます。

お問い合わせ

map

プライバシーマーク

ITコンサルティング

内部統制コンサルティングサービス

現在、経営品質と企業の社会的責任(CSR)、そしてその価値が問われています。
各メディアで、企業統制(Corporate Governance)、法令遵守(Compliance )が注目されるようになりました。さらに、「金融商品取引法」(日本版SOX法)が成立、全ての上場企業は、2008年4月以降に開始する事業年度から、「内部統制整備体制の構築・運用」と「内部統制報告書の提出」が義務化されいてます。

運用コストの問題

こんなお悩みをお持ちではないですか?

財務報告に係る業務プロセスにおけるリスク、コントロールの抽出から、運用評価に向けての キーコントロールの抽出、評価基準の策定、各種規定類、業務手順マニュアル類の更新、改善等に、多くの課題やお悩みやをお持ちではないですか?

対応の遅れの要因として、第一に実施基準の不明確さによるもの。第二に企業のスキルや人的資源の不足が考えられます。初年度は手作業で対応する企業のその評価にかかるコストは膨大で、運用コストの問題は大きくなっています。 次年度以降も、初年度と同様に手作業で制度対応を実施するのかといった問題が残ってしまいます。

DOT「構築コンサルティングサービス」

「ノウハウ獲得」と「人的リソース確保」が内部統制対応ではもっとも重要です。
現場の視点を常に持ったDOTの支援スタッフは、お客様のご要望に応じて業務プロセスを明確化し、業務フローチャート・業務マニュアルの作成を支援し、安定した運用のための業務定義を行ってまいります。

内部統制構築コンサルティング

内部統制計画立案から報告書の作成まで、それぞれのフェーズを通して業務面及びIT面からコンサルティングを行ないます。

  1. 立ち上げ:プロジェクト開始サービス
    プロジェクト編成、範囲決定、スコーピング、スケジュール
  2. 教育研修:事前診断サービス
    社内啓蒙、社内研修、方針決定、全体計画策定
  3. 文書化支援:ツール導入サービス、文書化3点セット
    内部統制支援ツール導入、フローチャート作成、業務記述書作成、RCM作成
  4. 改善支援:整備状況評価サービス
    ウオークスルー実施(文書化と実運用の実態確認)、整備状況の評価、不備改善、文書化反映
  5. 改善支援:運用状況評価サービス
    テストプラン作成、テスト実施、運用状況の評価
  6. 報告書作成支援:報告書の内容確定支援サービス
    部門別・期間別評価・不備事項状況の集計、最終報告の取り纏め
Q&A
Q01:内部統制とは何ですか?

4つの目的あります。
業務の有効性及び効率性、財務報告の信頼性、事業活動に関わる法令等の遵守、資産の保全が業務に組み込まれ、組織内のすべての者によって遂行されるプロセスの事を指します。

Q02:内部統制を行うメリットは何ですか?

業務の適正を確保するための体制を構築でき、 諸規程に則って運用する。
それにより会社の信用力向上と社会的地位の向上が望めます。

Q03:DOTのITコンサルティングはシステム整備だけでなく法令面・業務面からの整備も行えますか?

DOTは、業務面・法令面からの整備も行えます。
総合的なコンサルティング実績もあり、幅広い面での、コンサルティングについても対応が行えますので お気軽にご相談下さい。

Q04:内部統制に関わる人材が不足しておりますが、そちらの面でのバックアップもありますか?

DOTでは、コンサルティングでの立ち位置以外でも、現場システムの問題把握の為、 適正な人材に御社業務を確実に理解する為、長期での現場出向も行っております。
実際の業務の問題点・関係各部署との連携も図る事で、より浸透性の高い内部統制を行います。

導入事例
1次フェーズ(会社全般統制、IT全般統制、業務プロセス)

プロジェクト編成、範囲決定、スコーピング、スケジュール、
社内啓蒙、社内研修、方針決定、全体計画策定

2次フェーズ(会社全般統制、IT全般統制、業務プロセス、)

内部統制支援ツール導入、フローチャート作成、業務記述書作成、RCM作成

3次フェーズ(会社全般統制、IT全般統制、業務プロセス、決算財務処理)

ウオークスルー実施(文書化と実運用の実態確認)、整備状況の評価、不備改善、文書化反映、
テストプラン作成、テスト実施、運用状況の評価